太宰治記念館「斜陽館」

  斜陽館玄関のピンク色のお花を太陽が照らしています

  IMG_4536
  
  中へ入って行きますと、30坪ある 通り土間へ

  IMG_4534

  当時300人程いた小作人が米俵を積んで検査を受ける場所でした

  復元されたかまどの前を通って奥へ行きますと中の蔵があり

  IMG_4531

  主に生活用品がしまわれていました

  IMG_4532
  
  米蔵には2250俵貯蔵することができます

  太宰が子供の頃、遊んで父に叱られた米蔵

  旅館時代はバー「おおくら」というお店で、たいへん賑わったそうです

  現在はショートムービー上映中

  遊びに来てね 


>(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

 今日と明日は、気温が高めの予報です。
残暑と初秋の風。
季節の変わりめ、時の移ろい。

晴れ間の後のゲリラ豪雨。
雲の流れが速いです。

A 005

あの時から、私は、あなたと、おわかれしようと思いました。(中略)

おわかれ致します。(中略)

はっきり、あなたという男を、遠くから批判出来ました。あなたは、

ただのお人です。これからも、ずんずん、うまく、出世をなさるでしょう。

くだらない。「私の、こんにち在るは」というお言葉を聞いて、私は、

スイッチを切りました。一体、何になったお積りなのでしょう。

恥じて下さい。「こんにち在るは」なんて恐しい無智な言葉は、二度と、

ふたたび、おっしゃらないで下さい。ああ、あなたは早く躓いたら、

いいのだ。私は、あの夜、早く休みました。電気を消して、ひとりで仰向

に寝ていると、背筋の下で、こおろぎが懸命に鳴いていました。縁の下で

鳴いているのですけれど、それが、ちょうど私の背筋の真下あたりで鳴いて

いるので、なんだか私の背骨の中で小さいきりぎりすが鳴いているような気が

するのでした。この小さい、幽かな声を一生忘れずに、背骨にしまって生きて

行こうと思いました。この世では、きっと、あなたが正しくて、私こそ間違って

いるのだろうとも思いますが、私には、どこが、どんなに間違っているのか、

どうしても、わかりません。


                          太宰治『きりぎりす』


A 001

庭が秋色に色付いてきました。


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

 明日の夕方は、一大イベントですよ~
三橋美智也メモリアル音楽祭2019だ~!
明日mi
 大会エントリー者とゲスト歌手の
 美智也流歌声が町内に響きます!

 三味線会館屋外ステージ前が客席になりますので
 15時ごろから客席準備をいたします

 お車でご来場のお客様は、下記駐車場をどうぞ
  ○青森銀行駐車場
  ○みちのく銀行駐車場
  ○市役所金木支所駐車場

 斜陽館南池の金魚をやっと撮影できました
IMG_3761
 確認できているのは3匹で、赤2、黒1です
 大きくなねくていいはんで、長生きしてくれ~
 

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

このページのトップヘ