太宰治記念館「斜陽館」

 連日の暑さです。
それでも、9月に入ってから、8月の暑さとは
何となく違うと感じる暑さです。
来週の火曜日あたりまで高温の予報です。

IMG_5851

 あわてて、がらっと机の引き出しをあけ、くしゃくしゃ引き出しの中をきまわして、
おもむろに、一箇の耳かきを取り出し、大げさに顔をしかめ、耳の掃除をはじめる。
その竹の耳かきの一端には、ふさふさした兎の白い毛が附いていて、男は、その毛で
自分の耳の中をくすぐり、目を細める。耳の掃除が終る。なんということもない。
それから、また、机の引き出しを、くしゃくしゃかきまわす。感冒けの黒いマスクを
見つけた。そいつを、素早く、さっと顔にかけて、っと眉毛を挙げ、眼をぎょろっと
光らせて、左右を見まわす。なんということもない。マスクをはずして、引き出しに収め、
ぴたと引き出しをしめる。また、頬杖。とうもろこしは、あれは下品な食べものだ。
あれの、正式の食べかたは、どういうのかしら。一本のとうもろこしに、食いついている姿は、
ハアモニカを懸命に吹き鳴らしているようである。などと、ばかなことを、ふと考える。
                               太宰治『懶惰の歌留多』

IMG_5860

太宰の時代の黒マスク。
疫病時代のお医者さん以外にも、
一般に黒マスクって、使用されていたんですね。
現代のマスク=白➝昨今の柄模様・黒・ピンク・グレー・
ベージュ・オレンジ色だと思っていたので、
やや驚きました。
 
  秋の虫たちのセレナーデが、心地良い頃となりました。 


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

昨日とお天気がガラリと変わり、雷雨。
そんな悪天候の中、ようこそお越しくださいました。
道南地方から修学旅行生がやってまいりました。
まずは、三弦楽器の歴史を学び、
IMG_5810

郷土の芸能を学び、
IMG_5819

津軽三味線生演奏を堪能し、
IMG_5823

そして、津軽三味線会館の向かいに建つ太宰治記念館「斜陽館」へIMG_5837
太宰治という作家を生み出した明治の大地主の家を散策しました。
IMG_5838
囲炉裏のある古い台所は、幼少の太宰もよく親しんだところです。
わが社の名物ガイド「ゆかいなおじさんと巡る音楽と文學の町編」でした。
大人になったら、また来てくださいね。


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

 朝から晴天です。
朝から高温です。
やや、風があるので、何とか大丈夫です。
この高温も、あと残すところ一週間程。
その後は、過ごしやすい気温となるのでしょうが、
津軽の秋は、早くやってくるので、
今月の中旬過ぎあたりからは、
夜の暖房が必要になってきます。
 田んぼが黄金色を帯びてきました。
もう少ししたら、稲刈りが始まります。

IMG_5792

IMG_5773

IMG_5809

こんにちは。今日も、庭のお客様です。

 

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

このページのトップヘ