昨日から続きます
 さて森林鉄道はどんなだったの?
本線今泉ボールドウィン
 初期はアメリカから輸入した蒸気機関車(ボールドウィン号)でした
金木山雨宮式機関車2
 国策でしたので最先端技術を投入していたんでしょう
 その後、国産の蒸気機関車も開発され
内真部木炭機関車2
 木炭車も投入され、外燃機関車だと火の粉が飛んで線路わきで火事が
 起きたり危険だったので、その後内燃機関車のディーゼルやガソリン車が
 投入されてたんだそうです
 下の写真は、フォードのトラック(ガソリン)です、すごいでしょ!
フォード改造
 改造OK!OK! なんでもありのすごい技術だべ

鋸伐採
 切っては集め
集材機2
 集めては運ぶ
積載場所2
 トラック輸送の発達までは、花形産業でした
 集積した貯木場がこちらです
 こちらが、金木の貯木場です、現在金木中学校と金木高校が建っています 
金木貯木場
 そしてこちらが、当時東洋一といわれた青森の貯木場です
 現在、青森市森林博物館が建っているあたりです
青森貯木場
 わがるべが?写真上部が陸奥湾で、左方に写っているのが船ですね、広いべ!

 その花形も昭和42年をもって廃線となったのでした
 では現在、その面影はといいますと、こんな感じで残っているのです(一部紹介)
喜良市
 ↑木橋だった軌道が、時代とともに↓鉄橋に変わり、今は林の中で佇んでいたり・・・
小田川鉄橋2

喜良市相の股隧道
 ↑木橋とトンネルは、↓完全に崩落しています、が 大事な歴史の証人です
相の股隧道

 さて話変わって、実はこの森林鉄道が運んだのはヒバだけでなく、人も運んでました
 うちの館長も、「小さいころ青森の花火大会を見るために乗ったよ」と言ってましたw(゚o゚)w オオー!
住民娯楽2
 なんと切符に「何かあっも責任持ちません」と明記されていたそうです(; ̄Д ̄)





(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check