太宰治記念館「斜陽館」

2019年09月

 津軽が黄金色に染まっています。
田んぼでは、稲刈りの真っ最中。
リンゴが赤や黄色に色付いて、
津軽の秋の風景です。


 それから一週間、妻は仕度にてんてこ舞いの様子であった。妻の里から妹が手伝いに来た。どうしても、あたらしく買わなければならぬものも色々あった。私は、ほとんど破産しかけた。園子だけは、何も知らずに、家中をヨチヨチ歩きまわっていた。
 二十七日十九時、上野発急行列車。満員だった。私たちは原町まで、五時間ほど立ったままだった。
 ハハイヨイヨワルシ」ダザイイツコクモハヤクオイデマツ」ナカバタ
 北さんは、そんな電報を私に見せた。一足さきに故郷へ帰っていた中畑さんから、けさ北さんのに来た電報である。
 翌朝八時、青森に着き、すぐに奥羽線に乗りかえ、川部という駅でまた五所川原行の汽車に乗りかえて、もうその辺から列車の両側は林檎畑。ことしは林檎も豊作のようである。
「まあ、綺麗。」妻は睡眠不足の少し充血した眼を見張った。「いちど、林檎のみのっているところを、見たいと思っていました。」
 手を伸ばせば取れるほど真近かなところに林檎は赤く光っていた。
                                       太宰治『故郷』


IMG_4564


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

 台風一過の青空満天
IMG_4151

 さ~て収獲の秋だばって、五所川原に「赤~いりんご」ってある
 りんごは、あだりめ(当然)あげ(赤い)でばな! 
 品種名:御所川原、特徴は果肉まで赤いのだ
 五所川原市一ツ谷に赤いりんごの並木道でも栽培しています
 今朝の撮影です
KIMG1683
  2
   いいでば~もう少しで収獲だな
 ・・・おっおお~ りんごの花 なんで今
 季節まぢがったな、花、おめ、これがらどすの
3

 赤いりんごのおもしろい紹介です



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

 温帯低気圧に変わったよですが、こちらはますます雨が強くなってます
IMG_4100
 予報通りの雨だけど、まだ風はそれほど強くないので
IMG_4131
 このあど心配だじゃ
IMG_4135

IMG_4060

 こんな日は文庫カフェでまったりをおすすめしています
IMG_4144
 スタッフおすすめの本を読みながら・・・
IMG_4129

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

 という名前の研究会さんが見学にやってきましたよ
 弘前南高校のわげもの(若者)たちです
IMG_4095
 午前中は青森県近代文学館を巡り、午後一でこちらへ、最後は疎開の家さんだそうです
 1日どっぷり太宰漬、いいよね~ 生徒さんたちは、課題発表会もあるんだそうです
 このコースは、一般のお客様にもおすすめしたいコースです

 
 

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

 夏の終わり、秋の初めの頃に咲く
サルスベリが咲いています。


 朝に言い出し、お昼にはもう出発ということになりました。一刻も早く、家から出て行きたい様子でしたが、炎天つづきの東京にめずらしくその日、俄雨があり、夫は、リュックを背負い靴をはいて、玄関の式台に腰をおろし、とてもいらいらしているように顔をしかめながら、雨のやむのを待ち、ふいと一言、
「さるすべりは、これは、一年置きに咲くものかしら。」
きました。
 玄関の前の百日紅は、ことしは花が咲きませんでした。
「そうなんでしょうね。」
 私もぼんやり答えました。
 それが、夫と交した最後の夫婦らしい親しい会話でございました。
                                      太宰治『おさん』

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check

このページのトップヘ