太宰治記念館「斜陽館」

2021年04月

青空に恵まれ、さわやかな一日です。
IMG_7825
今日は、今年度初の修学旅行生が来館されました。
IMG_7824
隣県の大きな学校で総勢181名(6組)です。
ここは太宰治の故郷&津軽三味線発祥地なので、先に生演奏を聴くチーム、
生家見学チームに分かれて約2時間の滞在でした。
本来ならば東京方面2泊3日のはずが、隣県1泊2日へ変更になり、
このあと立佞武多の館の見学して帰路に着くとのことでした。
コロナ禍でコース変更を余儀なくされたわけですが、無事に教育旅行が実施されたこと、そして青森県の魅力を知って親近感を持ってくれたなら、嬉しい限りです。

さて、このチームへのご案内は当記念館の館長さまです。
大阪知事や北海道知事に負けないぐらい若々しい館長さまです。
当記念館の館長さまは、ご案内から草取りまで何でもこなします。
IMG_7827
館長さまのこの背中を見て、私達斜陽館スタッフは日々成長しているのです。
機会があったらまた青森へいらしてくださいね。



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://www.kanagi-gc.net

今朝、台所のガラス戸の向こうの花壇に
なんかにょろにょろしたものが~~~っと、よ~く見たら・・・
横から射した陽に当たった葉っぱの影が、うまい具合?に
まるでヘビのような影を作っていたのでした
ふぅ~っ!おかげ様でバッキリ目が覚めました

ヘビと云うと青森県民のソウルフード「ミズ」は 
正式には「ウワバミソウ」でウワバミとは大蛇のことだそうです。

そして、なんと「斜陽館」の南庭にはミズが生えているんですよ
IMG_7815
今はまだこんな感じです。
もう少ししたら、食べ頃?
 
IMG_7816
日に日に緑が濃くなっている「南庭」 
  
エゴノキの芽もだんだん伸びてきました
IMG_7820

昨年はコロナの影響で4月15日から6月いっぱいまで休館しており
エゴノキの花が見れなかったので満開の日が待ちどうしいです

 


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

今日は、桜の便りと共に、久々に活気溢れる日でした🌸
朝から夕方まで、途切れることなく、密にならずに
ちょうどいい感じに、たくさんのお客様がいらっしゃいました。
やはり、訪ねて来てくれる人がいる❕というのは
本当に嬉しいものだとつくづく実感した良い一日でした
 『 感謝です❕❕ 』

IMG_7489
『よぐきたじゃ❕まんだ斜陽館さ遊びに来てけろ~❕❕』 





(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://www.kanagi-gc.net

 青天の、お花見日和です。
風、やや強し。
花冷えです。
太宰作品の桜から、『春昼』全文です。 


  四月十一日。
 甲府のまちはずれに仮の住居をいとなみ、早く東京へ帰住したく、つとめていても、なかなかままにならず、もう、半年ちかく経ってしまった。けさは上天気ゆえ、家内と妹を連れて、武田神社へ、桜を見に行く。母をも誘ったのであるが、母は、おなかの工合ぐあい悪く留守。武田神社は、武田信玄を祭ってあって、毎年、四月十二日に大祭があり、そのころには、ちょうど境内の桜が満開なのである。四月十二日は、信玄が生れた日だとか、死んだ日だとか、家内も妹も仔細しさいらしく説明してれるのだが、私には、それが怪しく思われる。サクラの満開の日と、生れた日と、こんなにピッタリ合うなんて、なんだか、怪しい。話がうますぎると思う。神主さんの、からくりではないかとさえ、疑いたくなるのである。
 桜は、こぼれるように咲いていた。
「散らず、散らずみ。」
「いや、散りず、散りずみ。」
「ちがいます。散りみ、散り、みず。」
 みんな笑った。
 お祭りのまえの日、というものは、清潔で若々しく、しんと緊張していていいものだ。境内は、塵一つとどめず掃き清められていた。
「展覧会の招待日みたいだ。きょう来て、いいことをしたね。」
「あたし、桜を見ていると、かえるの卵の、あのかたまりを思い出して、――」家内は、無風流である。
「それは、いけないね。くるしいだろうね。」
「ええ、とても。困ってしまうの。なるべく思い出さないようにしているのですけれど。いちど、でも、あの卵のかたまりを見ちゃったので、――離れないの。」
「僕は、食塩の山を思い出すのだが。」これも、あまり風流とは、言えない。
「蛙の卵よりは、いいのね。」妹が意見を述べる。「あたしは、真白い半紙を思い出す。だって、桜には、においがちっとも無いのだもの。」
 においが有るか無いか、立ちどまって、ちょっと静かにしていたら、においより先に、あぶの羽音が聞えて来た。
 蜜蜂の羽音かも知れない。
 四月十一日の春昼。
                               太宰 治『春昼』

 昔、オタマジャクシを一匹育てたことがあります。
大きなオタマジャクシでした。
成長したら、どんな蛙になるのか、
日々、楽しみにしていました。
成長した蛙の背中は、幽かに金色を帯びていました。
オタマジャクシは、トノサマガエルになりました。
つらい別れでしたが、いい思い出です。



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://www.kanagi-gc.net

 桜、咲く。 
津軽にも、桜前線。
芦野公園も桜が開花しました。
国道339号線沿いは、満開。
公園内の太宰の文学碑に向かう北側と、
八重桜はまだですが、園内が桜色に染まっています。
今週いっぱいが見頃でしょうか。

 桜の開花に伴い、
館内も、賑わってまいりました。
お花見のお客様でしょうか。
出店や、花火は中止ですが、
静かに、桜を愛でる機会でもあります。
 
IMG_7804

記念館庭の椿です。

IMG_7809

まだまだ冷たい風が続いています。


(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館

このページのトップヘ