1 007
”のぼらないで下さい”なんて書いてあると気になりますよね。
ちょっと開けてみましょう!
1 006
細くて長くて急な階段。昔は、二階へお茶を運ぶため女中さんが昇り降りしたそうです。
この豪邸は天上が高い作りなので、一般のお宅とは階段の数が違います。
10、11、12、13、14、15、16・・・まだまだあるのです。

さて、隣りの扉も気になります。
1 005

開けてみると・・・
1 004
 昔の電話機です。
大正9年町制施行によって、金木町になりました。その時の記念事業として、公衆電話や特設電話が架設されたそうです。
津島家は、町一番の大地主ですから早速取り付けたんでしょうね。

もともと壁に設置してあった津島家の磁石式壁掛電話機ですが、旅館時代に訳あって外してしまったそうです。
時代が巡り巡って、所有していた個人の方から寄贈を受け、この場所に復活しました。
今は、壁掛けではなく、壁立て掛け電話ですのぅ~



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check