青森は、たまに梅雨明け宣言が出ない年があり、
終わらない梅雨なのか、
そろそろ終わる梅雨なのか、
今日も雨。
気温が低めで西風があるので、
何とか昼の暑さも一時のことと、
我慢ができるぐらいの
過ごしやすい夏日和です。

 田んぼの稲は、そろそろ出穂の時期だと思うのですが、
今年は、何やら背丈が低いような気がします。

雨に濡れる記念館北庭の苔です。

1 008

1 003

1 054
 
 満目の稲田。緑の色が淡い。津軽平野とは、こんなところだったかなあ、
と少し意外な感に打たれた。その前年の秋、私は新潟へ行き、
ついでに佐渡へも行ってみたが、裏日本の草木の緑はたいへん淡く、
土は白っぽくカサカサ乾いて、陽の光さえ微弱に感ぜられて、
やりきれなく心細かったのだが、いま眼前に見るこの平野も、
それと全く同じであった。私はここに生れて、そうしてこんな淡い薄い風景の
悲しさに気がつかず、のんきに遊び育ったのかと思ったら、妙な気がした。
青森に着いた時には小雨が降っていたが、間もなく晴れて、いまはもう薄日さえ
射している。けれども、ひんやり寒い。
                                     太宰治『帰去来』

太宰さん、今年は、「ひんやり寒い」夏です。

(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net



Check