明治42(1909)年6月19日夕刻、
この家に一人の男の子が生まれました。
津島修治、後に作家となる太宰 治です。
幼少期の思い出が、作品と共に、今でも、
そこかしこに息づいています。
6月19日、太宰さん、今日は、あなたの誕生日。

 なんの用意も無しに原稿用紙にむかった。こういうのを本当の随筆というのかも知れない。きょうは、六月十九日である。晴天である。私の生れた日は明治四十二年の六月十九日である。私は子供の頃、妙にひがんで、自分を父母のほんとうの子でないと思い込んでいた事があった。兄弟中で自分ひとりだけが、のけものにされているような気がしていた。容貌がまずかったので、一家のものから何かとかまわれ、それで次第にひがんだのかも知れない。蔵へはいって、いろいろ書きものを調べてみた事があった。何も発見出来なかった。むかしから私の家に出入している人たちに、こっそり聞いて廻ったこともある。その人たちは、大いに笑った。私がこの家で生れた日の事を、ちゃんと皆が知っているのである。夕暮でした。あの、小間で生れたのでした。蚊帳かやの中で生れました。ひどく安産でした。すぐに生れました。鼻の大きいお子でした。色々の事を、はっきりと教えてくれるので、私も私の疑念を放棄せざるを得なかった。なんだか、がっかりした。自分の平凡な身の上が不満であった。
 先日、未知の詩人から手紙をもらった。その人も明治四十二年六月十九日の生れの由である。これを縁に、一夜、呑まないか、という手紙であった。私は返事を出した。「僕は、つまらない男であるから、逢えばきっとがっかりなさるでしょう。どうも、こわいのです。明治四十二年六月十九日生れの宿命を、あなたもご存じの事と思います。どうか、あの、小心にめんじて、おゆるし下さい。」割に素直に書けたと思った。
                         太宰 治『六月十九日』


IMG_8598
金融執務室、
IMG_8607
太宰が生まれた小間と呼ばれていた部屋、

IMG_8612

IMG_8601
北庭、

IMG_8617
茶の間の柱時計。

雨が降ってきました。
昭和23(1948)年6月19日も、三鷹は雨だったそうです。
津軽は、梅雨入り。


 明治から時は流れ、時代は令和となりました。
太宰さん、あなたの文学に惹かれる読者が、
今日も、ここを訪れます。
あなたに逢うために。



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://kanagi-gc.net