梅雨のはずですが、快晴の青空。
夏日が続いていますが、風があるので
爽やかです。
窓を開け放した館内に、
涼風が吹き抜け、
6月19日が過ぎた記念館は、
また、静かに時を刻んでいます。

いつまでも初夏のはずもなく、
間もなく7月、盛夏の季節。


 私がこの土地に移り住んだのは昭和十年の七月一日である。
八月の中ごろ、私はお隣りの庭の、三本の夾竹桃にふらふら心をひかれた。
欲しいと思った。私は家人に言いつけて、どれでもいいから一本、
ゆずって下さるよう、お隣りへたのみに行かせた。
家人は着物を着かえながら、お金は失礼ゆえ、そのうち私が東京へ出て
袋物かなにかのお品を、と言ったが、私は、お金のほうがいいのだ、
と言って、二円、家人に手渡した。
 家人がお隣りへ行って来ての話に、お隣りの御主人は名古屋のほうの
私設鉄道の駅長で、月にいちど家へかえるだけである。そうして、
あとは奥さまとことし十六になる娘さんとふたりきりで、
夾竹桃のことは、かえって恐縮であって、どれでもお気に召したものを、
とおっしゃった。感じのいい奥さまです、ということである。
あくる日、すぐ私は、このまちの植木屋を捜しだし、それをつれて、
おとなりへお伺いした。つやつやした小造りの顔の、
四十歳くらいの婦人がでて来て挨拶した。少しふとって、
愛想のよい口元をしていて、私にも、感じがよかった。
三本のうち、まんなかの夾竹桃をゆずっていただくことにして、
私は、お隣りの縁側に腰をかけ、話をした。
たしかに次のようなことを言ったとおぼえている。
「くには、青森です。夾竹桃などめずらしいのです。
私には、ま夏の花がいいようです。ねむ。百日紅。日まわり。夾竹桃。
。それから、鬼百合。夏菊。どくだみ。みんな好きです。
ただ、木槿だけは、きらいです。」
 私は自分が浮き浮きとたくさんの花の名をかぞえあげたことに腹を立てていた。
不覚だ! それきり、ふっと一ことも口をきかなかった。
                          太宰 治『めくら草紙』


IMG_0778

 そろそろ咲いている頃だと思って見に行くと、
暑さの中、咲いていました。
ヒルガオです。



(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://kanagi-gc.net