昨夜から風が強く、薄曇りの空に、時折
青空が見え隠れしています。
春風も結構肌寒いですが、
それでも冬を越したと実感できて、
とても嬉しいものです。
 朝から空は、雁や白鳥たちの声でとても賑やかです。
先日、庭でフキノトウをみつけました。
津軽弁では、フキノトウのことを、
バッケと言います。
津軽野に、渡り鳥の群れが飛び、そしてバッケが出てきたら、
時は春。

IMG_5435

IMG_5430

 偶然、奥の方に少しだけ津軽鉄道が写りました。
13時56分金木発のストーブ列車でした。
外にいると、津軽鉄道の汽笛が聞こえます。
昭和5年から、街に馴染んだ音と風景です。









(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)津軽三味線会館
    http://kanagi-gc.net